空き家
空き家に関するよくあるお悩み
  • 親が住んでいた家が空き家になった
  • 空き家を解体したいが仏壇やお墓があるため、手が付けられない
  • 修繕したいが費用がかけられない
  • 税金の問題がある
空き家をそのままにしておくと・・・

空き家はそのままにしておくと様々なリスクがあります

  • 01犯罪リスクの上昇

    不法占拠や放火、盗難といった犯罪リスクが上昇し、近隣住民にも迷惑がかかります。
  • 02災害リスクの上昇

    老朽化による建物の倒壊や建物の破損などによる傷害が起きやすくなります。
  • 03資産価値の低下

    雑草繁茂、雨漏り、白アリ発生…… これじゃ売却できません!!
  • 04税金の問題

    固定資産税の優遇が受けられなくなる可能性も……!
  • 05土地の有効活用ができない

    まだまだ使える空き家や土地が有効活用されないことで、機会損失に繋がります。
  • 06景観・治安の悪化

    生ゴミを投棄され臭いや害虫が…… 近隣トラブルに発展!
空き家の活用方法

賃貸に出す

空き家をそのまま居住用として貸し出す方法です。
シェアハウス、民泊、戸建賃貸、貸店舗や貸工房などにする方法があります。故障や不備がある場合はリフォームしてから貸し出すとよいでしょう。
空き家1

建て替えて人に貸す

空き家を一度解体しそこに新築物件を建築して、貸し出す方法です。アパートやマンション、貸しビルなどに建て替えて貸し出すことで、賃料収入を得ることができます。ただし、解体費用や建築コストがかかるので、あらかじめゆとりをもった収支計画を立てる必要があります。
空き家2

更地にして活用する

建物を解体して更地にして活用する方法です。土地を貸し出して賃料を得たり、駐車場を経営したりといった活用法があります。
空き家3
Q&A

売却に関するお客様からのよくある質問

売却か賃貸に出すか迷っています。どちらの方が良いですか?

お客様のライフプランやご要望に合わせてアドバイスさせていただきますのでまずは弊社スタッフまでご相談下さい。

引き渡しまでどのくらいの時間がかかりますか?

ご相談からご成約、お引き渡しまで、1ヶ月~6ヶ月を目安とするとよいでしょう。契約を結んでから販売開始までは、広告作成や情報収集など、準備に約1週間程かかります。売却に向けた営業活動は、1ヵ月~3ヶ月を目標に行われることが一般的ですが、物件によっては時間を要します。また、売買契約後、残金決済までに現金なら1週間程度ですが、購入者のローン審査には1ヶ月ほどかかります。

不動産査定は無料ですか?

はい、無料です。不動産査定には大きく分けて、机上査定(簡易査定)と訪問査定(現地査定)があります。

ご希望をお知らせください。

査定にはどのくらい時間がかかりますか?

机上査定は、一般的に30分から1時間程度の調査で査定価格を知ることができます。訪問査定は、不動産会社の営業担当者が実際に現地を数十分程度確認するほかに役所や法務局で法規制やインフラ状況を調査する時間がかかりますので、査定書をお出しするまでには、数日かかがるのが一般的です。

リフォームはしたほうがよいですか?

一般的にはリフォームは必要ありません。買主の好みの問題もありますので、購入後に買主が負担し、リフォームをするケースが多いです。ただし、建物の状況によっては、一部でもリフォームすることで印象が良くなり、早期の売却が実現することもあります。